石原幸洋 - コンディショニング総本部

コンディショニングコーチ/トレーナー・石原幸洋の公式ホームページ・ブログ

  ~“元気” と “夢” そして “幸せ” が湧き出すコンディションづくりを~
 「ゆがみ→筋肉・関節→全身の動かし方」の3つの改善ステップで、もう痛くならない、丈夫なカラダを作るトレーナー。
f:id:gush-c-o:20200505161507j:plain f:id:gush-c-o:20200505161518j:plain

中高生の野球チームにおいて大切なこと

トレーナーの石原幸洋です。

 

昨日は、習志野市の中学校野球部に行ってまいりました!

 

前職時代に定期的に指導に行かせていただいていたチームの先生から、

改めてご依頼をいただき、実現しました。

ありがとうございます!

 

f:id:gush-c-o:20190804175759j:plain

 

先生からのご要望は、

①ウォーミングアップの再構築

②体幹トレーニングメニューの再構築

③クールダウンなどで使えるストレッチの導入

が主なものでした。

 

 

これまで、およそ40チームのスポーツチームに指導に行かせていただきましたが、

ほとんどのチームで私がまず最初に必ずチェックして、修正することが多いのが「ウォーミングアップ」です。

 

最大の理由は、

そのチームの選手たちの動き方、身体の特徴やプレーの特徴、ケガのリスクなどが最も分かりやすいこと

です。

 

トレーニングの原則として、「個別性の原理」というものがあります。

「一人一人の身体は違うため、個々に合ったトレーニングメニューを処方しないといけない」というものですが、

チームの場合は個々のチェックに時間をかけることが難しいのです...

そのため、ウォーミングアップを通して、選手個々の特徴をざっくり掴み、そしてチーム全体としての傾向を見ることが重要になってきます。

 

その、「選手個々の特徴をざっくり掴み、そしてチーム全体としての傾向を見ること」から生まれる、

「チームとしての最大公約数」の課題を見つけ出し、改善策を組み立てる。

これが、チーム全体で行うトレーニングプログラム、として形となるんです。

 

 

そして、私がウォーミングアップを重視する、もう一つの理由は、

「唯一、毎日継続して行うプログラムだから」です。

 

ウォーミングアップには、身体を温めることでケガを防ぐ、正しい身体の動かし方を身につける、スポーツの特性に合わせて動きを作っていく、などの重要な役割などがあります。

 

そこに必然的に、「そのチームの課題の改善策としてのメニュー」が組み込まれて、ウォーミングアップのプログラムの一連の流れが完成します。

 

ということは、ウォーミングアップは、

「毎日継続して行う、トレーニングプログラム」という見方もできるんです。

 

 

実は、中高生、時には大学生以上のクラスの選手でも、

「ウォーミングアップって、何のためにやるのか?」という質問に、答えられない選手が多いんです...

 

「毎日やらざるを得ないから...」「練習前にやるもの、っていう習慣だから」

というくらいのものとして扱われているチームが多いのが現実です...

 

そして、新入生ほど、「先輩の真似をしてこなす」ところからのスタートなので、理解できる割合は下がります。

 

 

私がこのチームで念を押して伝えたのは、

①とにかく大きく身体を動かすこと

②ウォーミングアップの質(クオリティ)を100点満点にしておくこと

③チーム全員で、声と動きを揃えること

 

の3点です。

 

細かく意識を持ち、はつらつと、質の高いウォーミングアップをやった後は、

「あ!動きやすくなった!!」

「スイングの動作もしやすい!」

「ボールが投げやすい!!」

という、意外と即効性が高い変化が出るものです。

 

 

昨日のチームでも、その驚きを伝えられたので、

そのイメージを継続してくれることを期待しています!

 

 

☆『パーソナルトレーニング』のご案内はこちら!

https://www.gush-c-o.com/service#private

 

☆南行徳・浦安の『大人向け体操教室』はこちら!

https://www.gush-c-o.com/club

 

スポーツチーム・グループ・会社などへのコンディショニングも可能です!

https://www.gush-c-o.com/service#team

f:id:gush-c-o:20200123120222p:plain
ガッシュ コンディショニング オフィス
コンディショニングコーチ 石原幸洋